2014年 09月 10日

新刊のお知らせ 「外資系コンサルに学ぶ聞き方の教科書」

今年の後半は、一人出版ラッシュ。年内に異なるテーマで4冊刊行予定です。
その第一弾、「聞き方」についての本が今週刊行となりました。

アウトプットの質はインプットに規定されます。
同じインプットでもGoogle検索で手軽に得られる情報と、人から聞いた得難い情報とでは全く価値が違います。

コンサルタントはクライアントから重要な情報を引き出さなければ仕事になりません。とうとうとプレゼンテーションをしているだけではないのです。

本書は若手からベテランまでコンサルタント達が駆使している37のノウハウをまとめたもの。例えば・・・

- 話しを聞くためにはどこに座るべきか?
- 「目」で聞いていることを表現するには?
- 「何故?」と聞かずに理由を聞き出す
- インタビューは情報収集ではなく、仮説検証の場
- キーパーソンを探し出すとっておきの質問
- 「3つのM」で話しの焦点をあわせる
- 「3×3マトリクス」で話しを検証する
- インタビューシートの作り方

このような聞き方を高めるためのテクニックをまとめました。
聞く力がないことは残念ながら自分では気づきにくいので、是非お手にとっていただけると嬉しいです!

b0228533_12042199.jpg


[PR]

by elegantdays | 2014-09-10 12:04 | Book&Business


<< 今週のお弁当      今週のお弁当 >>