2013年 05月 20日

2013 アフリカ旅行記 ナクル湖

アンボセリの次はナイバシャ経由でナクル湖へ。ナイバシャは淡水湖でボートサファリが楽しめるそうですが、私達はイングリッシュガーデンのナイバシャカントリークラブでランチだけして、ナクルへ。
b0228533_175441.jpg


ナクル湖はナイロビから160km、総面積188平方km。湖水はアルカリ性で藻類が繁殖して、かつてはフラミンゴが200万羽と言われていましたが、湖水の汚染が原因で2006年には10万羽まで激減してしまったそうです。フラミンゴは死んでしまったわけではなく、違う湖にうつってしまったそうで、徐々に戻りつつあるとのこと。ナクル湖ではLake Nakuru Lodgeにステイ。ナクルの街が数キロと近いせいか、警備がアンボセリより厳重でちょっと怖かったかも・・・。
b0228533_17565654.jpg


ナクル湖では犀(サイ)に会いました。



サイは象に次ぐ巨体の持ち主で、歩いている姿は力士です。白サイと黒サイがいますが、色の違いではありません。白サイは口が横に広がっていて、黒サイはおちょぼ口。写真だとあまり区別がつかないかも・・・。サイは絶滅が危ぶまれていて、現在東アフリカの白サイは絶滅していて、今ケニアにいる白サイは南アフリカから連れてこられたものとのこと。ツンと伸びた角は実は毛が変化したもので中に骨は入ってないそうです。恐竜を思い出させる外見ですが、絶滅という悲しいことにならないでほしいものです。
b0228533_18124745.jpg

b0228533_1817276.jpg


サバンナヒヒはあまりにも至近距離で動かないので、笑えました。
b0228533_18195546.jpg


次は赤道を超えて、フラミンゴです!
[PR]

by elegantdays | 2013-05-20 18:13 | Travel


<< C'est tres ...      お誕生日 >>