2011年 03月 15日

有事の心がけ

本当に言葉もなくす映像に毎日ふれていると一体何をしてよいのか、自分の無力感を痛感します。そんな中、自分なりに何をすべきかを考えてみました。あくまでも個人の見解です。

Girls, be tough!

1. 被災した方にできることをする
寄付、募金、ボランティア、節電、節約など個人ができることはある意味当たり前。言うまでもないこと。

2. 自分がすべきことをする
日本人はとかく「自粛」しがちであるとのこと。「不謹慎」ということばに最もセンシティブな国民だと思う。仕事でさえ自粛しがち。しかし、有事にみんながすべきことをやめてしまっては、全ての経済・日常活動がストップし、復興に向けて更にマイナスになるだけ。きちんと自分の仕事、すべきことをする。

3. 責めない
政府、電力会社、その他ユニバーサルサービスを提供している企業などを過剰に責めるのをやめたい。計画停電、計画変更を責めるよりなくてよかったと思うべき。彼らだって同じ立場のはず。そんなことをしている暇があったら1と5を考える。

4.不安に捉われない
次々と回ってくる情報に振り回されない。何かに殺到しない。特に物資を過剰に購入しない。それによって自分は一時的に安心を得られるかもしれないけど本当に必要な人や買い物にもいけない人に行き渡らなくなるかもしれない可能性を考えるべき。災害が去って賞味期限切れで捨てるくらいなら、買うのを思いとどまるべき。自分の行動が大きなパニックを生んでいるひとつになりうることを忘れないようにしたい。

5. 次の有事に備える
今回、困ったことは次にはどうしたら避けられるのか、どうしたらもっとみんなが安全、安心なのかを考えて行動に移す。喉もとすぎれば・・・では進歩がない。

6. 守る
自分の気持ち、子供の気持ちをきちんと守る。悲惨なニュースを見続けていると自分の心が壊れていく。子供の心はもっと敏感で本当に病気になってしまう。有事でも笑うことはいけないことではない。無力感に捉われてはいけない。心を守ってすべきことをきちんとする。子供の笑顔を守る。悲惨なニュースを直視することは必要だが、それに浸っていては意味がない。

昨日、子供に「いつものテレビもうつけないで」と言われて、はたと気がつきました。TVを見て泣いていても、誰も助からないという当たり前のことに。気をしっかり持ってちゃんとしたいと思います。
[PR]

by elegantdays | 2011-03-15 20:00 | Days


<< 希望      C'est Tres ... >>